映画『サスペクト 哀しき容疑者』不死身のコンユ

acorn-2754042_640

先日、コンユの熱烈ファンの方から『サスペクト』DVDを頂き、さっそく見てみました。さすが「前職、武臣」なだけに、コンユさん、不死身でした。

スポンサーリンク

『サスペクト 哀しき容疑者』キャストとあらすじ

1
原題:용의자(容疑者) 2013年製作
監督ウォン・シニョン
キャスト
コン・ユ:    チ・ドンチョル
パク・ヒスン:  ミン・セフン大佐
チョ・ソンハ:  キム・ソッコ室長
ユ・ダイン:   チェ・ギョンヒ記者
キム・ソンギュン:リ・グァンジョ

あらすじ
祖国・北朝鮮から見捨てられた特殊部隊の元エリート工作員チ・ドンチョル。愛する妻子を殺害した犯人を捜しながら、韓国で運転代行をしていた。
国家情報院対北情報室長のキム・ソッコは、権力を悪用して北朝鮮の元工作員を手下に置き、殺人や武器の密売、人身売買などで私利私欲を貪っていた。
ドンチョルはキム・ソッコの悪事に利用され、殺人の濡れ衣をきせられる。工作員時代のドンチョルと因縁のあるミン・セフン大佐がドンチョルを追い詰めていくが…。

予告編

見どころ

「コーヒープリンス」や「トッケビ(鬼)」では、ちょっと不真面目でお茶目な魅力を発揮し、映画「男と女」では、優柔不断で煮え切らない男の典型を演じていたコンユさんが、

髪の毛が四角くて筋肉ムキムキで、笑顔のかけらもない元工作員になっています。
首をつられても、首の筋肉で生還するし、銃で撃たれた傷を抱えても肉弾戦で負けないし、100台相手のカーチェイスでもコンユの車だけは走り切ります。

この不死身のドンチョルを追うのが、北のスパイを捕まえるために生まれてきたような男・ミン・セフン大佐。

ところが、ミン大佐がキム・ソッコの悪事を知り、ドンチョルの援護射撃する側につきます。この「男の正義」が格好いい。

怖いけど正義を信じるミン・セフン(パク・ヒスン)
5

この映画では「軍人の鬼」を演じたパク・ヒスンさんは、映画『V.I.P』(イ・ジョンソクが悪役を演じる)では、脱北した北の軍人を演じています。

コンユさんのインタビュー

韓国でこの映画が公開されたとき、JTBCの「ニュースルーム」に登場しました。映画「容疑者」が、コンユさんにとってどういう意味があったのかを語る部分です。


2
聞き手:대사가 그렇게 많진 않았습니다. 흔히들 이제 대사가 잘 안되는 경우에 대사가 적은데, 공유씨는 그런 대사가 안되는 배우는 아니시잖아요.
セリフが多くありません。下手な役者だとセリフが少ないと言われますが、コンユさんはそうじゃないじゃないですか。

근데 오히려 또 그것이 관객들로 하여금 ‘공유씨가 정말 배우구나’ 하는 것을 느끼게 한 계기가 됐다 이런 아주 좋게 평가들을 많이 하시는 것 같습니다. 눈빛 연기가 그만큼 살아있었단 얘기가 되겠죠. 더 힘들진 않았나요?
でも観客たちはむしろ「コンユさんは本物の俳優だ」と感じたと、高く評価しているようです。目の演技がすばらしかったということですね。大変でしたか?
4
コンユ:말씀하신대로 관객들을 대사 없이 마주한다라는 것이 배우한테는 굉장히 부담스러운 순간인데, 그것이 부담스럽긴 하지만 제가 이 영화에서 넘어야 될 숙제였고요.
おっしゃるように、セリフなしで観客の方たちに向き合うのは俳優にとってとても負担な瞬間ですが、それこそがこの映画で超えるべき課題でした。

그리고 도전해보고 싶은 부분이었기 때문에, 지금 결과론적인 얘기겠지만, 보시는 분들이 말씀하신 것처럼 눈빛이나 몸짓에서 제가 맡았던 ‘지동철’이란 역할에 많이 몰입하는 데 방해가 되지 않으셨기 때문에 저는 다행이라고 생각하고 있고요.
挑戦してみたいと思ったので、結果論ですが、お客さんたちがおっしゃるように、目やしぐさで、私が演じた「チ・ドンチョル」という役に観客の方々が入り込めたのなら幸いだと思います。

그 점이 어떻게 보면 첫 액션영화라기보다 어떤 그 점이 ‘용의자’를 한 더 큰 계기이지 않을까… 저는 그렇게 생각을 하거든요.
そういう意味で、「容疑者」を選んだきっかけは、初めてのアクション映画だからというより、セリフ以外で伝えるという点が大きかったんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る