映画『毒戦』故キム・ジュヒョクさんの名演技を伝えるニュース

cheers-839865_640

映画『毒戦』の感想を書く準備をしていたら、キム・ジュヒョクさんを取り上げたニュースを見つけました。先にこちらをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『毒戦』

香港映画の『ドラッグ・ウォー、毒戦』(2013年)をリメイクした作品だそうです。
映画『毒戦』の評価は、作品に対しての好き嫌いが分かれるようですが、俳優さんたちの名演技はどれも高いです。中でもキム・ジュヒョクさんの怪演!!を見た人たちは、皆「彼の演技がもう見られないとは本当に残念だ」と口をそろえて惜しんでいます。

ニュース動画

『毒戦』公開前、2018年4月19日のニュースです。
映画のあらすじと、もう一つの遺作『興夫(フンブ)』との比較など、ご覧いただけます。


4
고 김주혁 씨는 세상을 떠날 때까지 작품 활동을 열심히 했습니다.
오늘 고인이 남긴 마지막 유작이 베일을 벗었는데요.
이동훈 기자가 보도합니다.
故キム・ジュヒョクさんは亡くなるまで作品活動に熱心でした。
今日、個人の最後の作品がベールを脱ぎました。イ・ドンフン記者の報告です。

5
立ち上げたヘアスタイルに冷たいまなざし。
映画「毒戦」で中国麻薬市場の大物を強烈に演じました。
来月公開の「毒戦」は、実体のない麻薬組織を捕まえるため孤軍奮闘する刑事(チョ・ジヌン)を描いたものです。
キム・ジュヒョクの遺作としても注目を集めています。

6
「興夫」と「毒戦」の遺作で、百姓の指導者とアジア最大の麻薬商という相反するキャラクターを演じました。

イ・ヘヨン監督もキムジュヒョクへの称賛を惜しみませんでした。
7
현장에서 카메라가 딱 돌아가는 순간 약간 아직도 기억이 나는데 첫 커트를 촬영할 때 정말 짜릿하고 정말 엄청나서 입을 떡 벌리고 저는 그냥 구경만 했던‥
現場でカメラが回る瞬間、今でも覚えていますが、最初のカットを撮った時、ぞくぞくするような、驚くすごさで、私はもう見ているだけで‥

10
독한 자들의 전쟁을 그린 ‘독전’.
그 가운데에서도 가장 뜨거운 인물로 등장하는 김주혁의 모습이 기다려집니다.
悪者たちの戦争を描いた「毒戦」。
その中でも一番熱い人物として登場するキム・ジュヒョクの姿が待ち遠しいです。

ーーーーーーーーー
本当に、すごかったです、キム・ジュヒョクさん。
映画の感想は改めて書く予定ですが、
予告編では、キム・ジュヒョクさんの姿が少なかったので、
こちらのニュースをご紹介しました。
『毒戦』、日本でも公開される予定だということですが、いつになるでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • pon
    • 2019年 10月 22日

    待ちに待った映画館上映に、時間をやりくりして行ってきました。折しも台風19号上陸とかで世間は大騒動でしたが、交通機関も動いており映画館も開館。無事見終えることができました。観客は3人でしたが。

    いやあ 評判通りのキム・ジェヒョクさんの怪演でした。中国マフィアのドンなら、こんな人もありか と思える息を呑む凄さに圧倒されました。
    「興夫」も上映されると良いのですが。
    つくづく惜しい方が亡くなられました・・・・

    「応答せよ」で注目のリュ・ジュンヨルさん 、タクシー運転手でも好演でしたが、さらに一回り大きな大役をこなし、こちらも目を見張るものがありました。

    麻薬のシンジケートは、大金と麻薬のもつ甘美さから人は逃れられないので 結局は途絶えることなく続いていくのですね。映画を見ていると、現実にも毒戦はありなのだろうと思えます。

      • sokjon2016
      • 2019年 10月 23日

      ponさま
      コメントありがとうございます!
      「毒戦」ご覧になったのですね。
      観客3人!とは贅沢な上映です。
      この映画を見てから、かなり時間がたっていますが、
      今残っているのはやはりキム・ジェヒョクさんの印象だけかも…。

      言及してくだっさった「応答せよ」の文字で、思い出しました。
      そういえば、「応答せよ」でも時間を隔てて「共演」していましたね、
      リュ・ジュンニョルとキム・ジュヒョクさん。
      リュ・ジュンニョルさんが大人になったら、
      キム・ジュヒョクさんのような、存在感のある俳優さんになるというのも
      説得力のあるイメージでした。

      映画「毒戦」に戻りますが、
      ラストが「ええ??」となりませんでしたか?
      どういう解釈でも成り立ちはするのですが、ちょっと戸惑いました。
      「興夫」は未見なので、私も楽しみに待っているところです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る