ソン・ジュンギ、チャン・ドンゴン主演の『アスダル年代記』の評判を見てみると

lily-garden-4287748_640

2019年のドラマで一番期待していたのが、ソン・ジュンギの久しぶりのドラマ復帰作『アスダル年代記』でした。ネットフリックスで7月8日から放送が始まります。韓国では、全18話のうち三分の一が終わったところですが、評判をみると芳しくありません。

スポンサーリンク

『アスダル年代記』期待せざるを得ないわけ

2019年5月26日から9月22日まで放送予定(韓国)
4
主演の、
ソン・ジュンギ
チャン・ドンゴン
キム・ジウォン
キム・オクビン
というラインナップだけでも魅力的ですし、

脚本が、
「善徳女王」「根の深い木」「六龍が飛ぶ」
のキム・ヨンヒョン、パク・サンヨンのコンビ。

もう間違いなく面白いでしょう!と期待が高まります。

批判をまとめてみると

ところがふたを開けてみると、
見事なまでの低視聴率。

tvnですから、
「トッケビ」(20%)
「応答せよ1988」(18%)
「ミスターサンシャイン」(18%)
並みの視聴率を期待していたでしょうが、

「アスダル年代記」8話までの視聴率は、
5%から7%台

数字がすべてではないにしても、
視聴者からかなりそっぽを向かれてしまっています。

スポンサーリンク

CGが雑

ファンタジーであれば、CGが命ともいえます。
ヒット映画「神と共に」では、
CGが「見ごたえある」と評価されていました。

「アスダル年代記」の製作費540億ウォンと言われています。
そのうちの50億ウォンが、
ソン・ジュンギとチャン・ドンゴンの出演料だとか。

使うべきところにお金が回っていない、
と批判されています。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のパクリ?

制作初期から「ゲーム・オブ・スローンズ」との類似が指摘されていました。
5
登場人物の衣装などを並べて、パクリ批判をしているサイトもありますが、
私自身は、「ゲーム・オブ・スローンズ」を見ていないので、なんとも…

ちなみに「ゲーム・オブ・スローンズ」は、
왕좌의 게임(王座のゲーム)

わかりにくさ

時代劇であれば、時代背景や登場人物など、
作者と視聴者の間に共有している情報がありますが、
「アスダル年代記」はファンタジーなので、
仮想の設定についての説明が必要です。

それが、わかりにくい・・・

「アス」と「ネアンタル」という種族の対立
という話から始まりますが、
なぜ対立しているのか?
という説明がない。

「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ロード・オブ・リング」など、
優れたファンタジー作品は、原作の映像化ですから、
設定や人物造形などがしっかり作られています。

原作なしで、全18話という制約のなかで、
壮大なファンタジーを作りだすというところに、
無理があったのかもしれません。

6

さて、実際のところはどうなんでしょう。
これらの事前情報で、
思いっきり期待値を下げておいてから、
ドラマを見れば、
「そんなに悪くないじゃん」
という程度に楽しめるかな、と思っています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る