ニュアンスという厄介者「賊反荷杖=盗人猛々しい」と訳してこじれる日韓関係

aroma-906137_640

新聞やニュースを見るのも憂鬱な最近の日韓関係です。それでも韓国では「日本」を批判しているのではなく「安倍政権」を批判しているのだ、という声が聞こえてきたり、民間レベルでは交流が続いているという知らせにほっとしたり。そういう中で、四字熟語の翻訳をめぐる話題です。

スポンサーリンク

8月7日の新聞記事

毎日新聞に興味深い記事がありました(2019年8月7日)。
4 (2)

日本の経済報復措置に対する、文在寅大統領の発言
「加害者の日本が賊反荷杖のように、むしろ大口をたたくような状況を決して座視しない」

この「賊反荷杖」を「盗人猛々しい」と翻訳したがために、
日本の佐藤外相が「品のない言葉まで使って、無礼だ」
と反発し、日韓で不信感の応酬が続いたといいます。
日本にしてみると
韓国は日本を「盗人呼ばわりした」と腹を立てたのでしょう。

四字熟語・賊反荷杖

賊反荷杖 족반하장
確かに辞書を引くと「盗人猛々しい」という意味が出ています。

意味は確かにそうですが、この言葉を使う頻度、ニュアンスが、
日韓でズレているようです。

記事では、ベテラン通訳者が、
相手を強く批判する表現であるのは間違いないが、
ニュアンスとしては「悪いのはあなたでしょ」という程度。
しかも四字熟語は教養の高い人が使うので下品ではない。
と言っています。

スポンサーリンク

私は昔、韓国のバラエティ番組のテロップで
족반하장(賊反荷杖)
と出たのが、この言葉との最初の出会いでした。
辞書を引いて意味を調べましたが、
バラエティ番組の「お笑いネタ」として紹介されていたので、
「盗人猛々しい」という「重さ」は感じませんでした。

「開き直り」「逆切れ」「居直り」
という訳語が使われている例もあります。

通訳や翻訳で、
間違いではない、でも、ちょっと違う
という言葉の使い方が、本当に頭の痛いところです。

ましてや、今の日韓関係のように、
相手の非をあら捜しするような場面での通訳で、
こんな微妙なニュアンスの違いが問題になるとは、
本当に、通訳者さんたちの苦労を想像するだけで胃が痛くなします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • カワトシ
    • 2019年 8月 08日

    뜻은 같은데 양국의 쓰임새가 다른 예로는 ‘화룡점정’도 있죠.
    일본에선 이 사자성어를 부정적인 뉘앙스로 쓰지만 한국은 정반대죠.

    설명하려면 너무 길어지니까 아래 글을 참조하시길…

    https://blog.naver.com/iveen/221425542244

    그리고 또 하나 ‘동병상련’이라는 사자성어, 일본은 사자성어가 아니라 同病相哀れむ라고 풀어서 표현하지만, 아무튼 이 두 표현도 한국과 일본은 사뭇 다른 뉘앙스로 쓰는 걸로 압니다.
    한국은 꼭 ‘병(病)’이 아니라도 같은 처지에 놓인 사람들끼리 서로를 위로하고 격려하는 표현으로서 쓰임새가 아주 많은 표현인 데 반해 일본은 그렇지 않다죠? 그러니 ‘동병상련’이라는 말을 함부로 일본인한테 했다가는 오해를 살 가능성이 높다고 알고 있습니다.

      • sokjon2016
      • 2019年 8月 08日

      カワトシ様
      いつも読んでくださりありがとうございます。
      同じことばだけど、意味や使い方が異なるもの、
      八方美人に始まり、多いですよね。
      それが政治の場で使われるとなると、
      曲解される危険もあるのが、怖いです。

      そうですね、画竜点睛、同病相憐・・・。
      日本の若者たちは、四字熟語自体、使わないので、
      日韓での使い方の違いどころか、そのそのどういう意味?
      というところから始まりますね。
      ましてや「両国でのニュアンスの違い」といっても
      ピンとこない若者が多いでしょうね。
      私自身、四字熟語や諺に興味を持つようになったのは、
      韓国語を学んでからのことです。

      日本は猛暑、酷暑が続いています。
      韓国も暑そうですね。お気をつけてお過ごしください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る