『フィッシュマンの涙』現代社会への風刺と応援

underwater-1216244_640

予告編を見た時はこの映画を見る気は起きなかったのですが、制作者にイ・チャンドンの名前があったので、見なきゃ!となりました。

スポンサーリンク

イ・チャンドンの作品

『フィッシュマンの涙』の監督は別の人で、イ・チャンドンはエグゼクティブ・プロデューサーです。

イ・チャンドンが監督・脚本を務めた作品は、
『ペパーミントキャンディ』(1999)
〇〇光州事件が一人の男の人生をどのように狂わせたか
『オアシス』(2002)
〇〇前科者と障碍者、社会から疎外された人々の話
『シークレット・サンシャイン』(2007)
〇〇息子を殺害された母親がキリスト教に失望する話

などなど「問題作」と言われるものが多いです。
私は『ペパーミントキャンディ』と『シークレットサンシャイン』を見た時、しばらく座席から立ち上がれない衝撃を受けました。

NHKのドキュメンタリー「韓流シネマ-抵抗の軌跡-」という番組で、
「未来を見つめるために歴史を見なければならない。
なぜなら未来は過去の延長線上にあるからだ」
ということを言っていたのが、ものすごく印象的でした。

そんなわけで、気が進まなかった予告編。

キャスト

原題:돌연변이(突然変異)
監督:クォン・オグァン
イ・グァンス:パク・ク
〇〇新薬の実験による副作用で、上半身が魚になってしまった男
パク・ボヨン:ジン
〇〇製薬会社から逃げてきた魚男を売った女
イ・チョニ:サンウォン
〇〇記者であることを隠して取材を続ける青年記者。

1hira1
公式HP

イ・チョニさんの独白で映画が始まるのですが、
その声が「聞いたことある~」と気になってしかたなかったのですが、
『主君の太陽』に出ていた人でした。
テヤンと同じ能力をもつ「ユ・ジヌ」。特徴的な声ですね。

あらすじ(ネタバレあり)

製薬会社で隠密に生体実験にさらされていた魚男を、青年記者が暴露し、
魚男への同情、製薬会社への非難が起こります。
同時に、
若者が就職難ゆえに危険なアルバイトに手を出すという、
ワーキングプアの問題もクローズアップされます。

魚男は一躍、時代のヒーローとなりました。

1hira2

ところが製薬会社が作ろうとしていた新薬が、
体内でタンパク質を無限に供給し、食糧難を解決する薬
韓国が初めてノーベル賞をとれるかもしれない研究
だとわかり、大手資本が出資することになると、

魚男は一転、反社会的存在になりました。

1hira3

状況が反転したことで何が起こるかというと、
魚男の幼少時代を「まったく目立たないからなんの印象もない」と
証言していた「級友」が、
「当時から変わり者で印象に残っている」と
証言を変えたり。

製薬会社を相手に賠償請求の裁判を受けてくれた人権弁護士が、
「最後まで戦う」と言っていたのに、
「勝てる見込みがないからせめて和解金を」と
主張を変えたり。

1hira4

青年記者は「真実を報道し、弱者の側に立つ」
という夢をもって記者を志したので、
こうした現実と、それを扱う報道機関に疑問を感じるけれど、
流されてしまいます。

魚男は、自分のために苦しむ人たちを見ていられず、
製薬会社に協力を申し入れ、人体実験されるうちに死んでしまいます。

しかし状況はさらに反転。
食糧難を解決するはずの新薬は、金持ちしか手に入らない価格になり、
魚男をもとに戻す方法が、実はあったことが暴露され・・・。

1hira5

ラストは、
魚男はもとに戻ることを拒否して、自分は死んだことにして、
海でくらすこと(魚になること)を選択。
青年記者は、報道機関をやめてフリーになって夢を追う。

1hira6

スポンサーリンク

現実社会に一矢報いたい

映画のホーム―ページにある監督のことばに、
コメディのような現代の韓国社会と、その現実から逃避している
無力感に一矢報いたい、
という一節がありました。

資本と権力の言いなりになっているメディア、
ノーベル賞のためなら不正義も黙認する社会、
世の中に毒づいているけれど、結局公務員試験を受ける女、

そして、魚男をずっと取材していた青年記者でさえ、
葬式の写真で初めて素顔を知ったと告白しているように、
意志をもつ個人として、彼を見ていなかった。

なるほど現代社会のアルアルが描かれています。
コメディタッチですが、やはりうんざりしますね、
「私は魚になりたい」
です。

就職難の現実の象徴として、
青年記者には「正社員にしてやるから」と上司に無理を言われ、
魚男の父親は二言目には「公務員になれ」といい、
若者の息苦しさが伝わってきます。

『青い海の伝説』でも「公務員」はキーワードでした。

現実社会の不正や不平等を告発したり、
詐欺師や超能力者が制裁加えたり、
という作品が多くありますが、映画の中で爽快感や満足を得ても
現実は変わらないじゃないか、と思うこともありました。

でも、現実社会のおかしなことを可視可させて、
その也の果てをシュミレーションして、
悩んで出した答えの一例を示す、
というこの作品は、これまでの「代理満足」とは違うと感じました。
ひいき目かもしれませんが、さすがイ・チャンドン作品。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 2月 27日

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る