『タクシー運転手』映画公開で見つかった「運転手」

taxi-2118183_640

2017年の観客動員数でみると最高の映画『タクシー運転手』、公開後の後日談が、さらにドラマチックでした。

スポンサーリンク

映画『タクシー運転手』の概要

1
あらすじ
ドイツ人記者ピーター・ヒンツペーターは、韓国の光州が大変なことになっているが、戒厳令が敷かれ光州に出入りができないため情報がない、という話をきく。ピーターはソウルからタクシーで光州に向かう。タクシー運転手のマンソプにも危険が及ぶが、二人のおかげで、光州事件の実態が知られることになった。

私たちがこれまで見てきた光州事件に関する写真は、ヒンツペーターさんが命がけで取材したものだったわけです。

映画『タクシー運転手』とヒンツペーターさんに関するもの。

この記事で紹介した、生前のヒンツペーターさんを取材した動画。


この動画に、ヒンツペーターさんが撮影した光州の写真が何枚か出てきます。映画『タクシー運転手』に「あ、あの写真はこの場面だ」というシーンがいくつかあります。

実在のタクシー運転手

映画では、ピーターがドイツに帰るとき、連絡先を聞かれたマンソプは、「キム・サボク」という偽の名前と電話番号を書きます。
光州事件にかかわった人たちは「犯罪者」とみなされていたわけですから、当然でしょう。

映画の最後に、ヒンツペーターは「キム・サボク」との再会を望みましたが、結局会えずに亡くなった、と説明されています。

ところが、映画『タクシー運転手』が公開されて3日目。
ツイッター上で「自分がキム・サボクの長男だ」と名乗る人物が現れました。

最初は、映画の人気に乗じたいたずらか、と思われましたが、報道機関の取材の結果、本人だったようです。

スポンサーリンク

「キム・サボク」さんの長男現れる

CBSラジオがキム・サボクの長男だと名乗るキム・スンピルさんを取材した記事によると、

キム・サボク(金士福)というのは本名で、キム・スンピルさんの了解を得て「家族関係証明書」(住民票のようなもの)を確認した。

この間、多くの人がキム・サボクというタクシー運転手を探したが、見つからなかった。
実際のキム・サボクさんは、一般のタクシー会社ではなく、ホテルのタクシー運転手だった。キム・サボクさんは英語ができたので、ホテル宿泊客を主に相手にするタクシー運転手だった。

キム・サボクさんは、光州事件の4年後1984年に、ガンで亡くなっている。

サボクさんの長男スンピルさんは、軍事政権下で父のことはひた隠しにしていて、その後も父のことは忘れるようにしてきた。

ということでした。

その後、キム・スンピルさんは、
父親キム・サボクさんの写真や遺品などを公開し、
光州事件記録館と面談したり、光州市長と会ったり、
父親の意志を伝えることに、力を注いでいます。

遺品を公開するキム・スンピルさんの写真と、
生前のキム・サボクさんの写真が載っているオーマイニュースの記事
2
(リンク先、韓国語です)

光州事件から37年。その後の軍事政権により、
当時の作戦内容や、
市民への発砲を命じた責任者など、
真相究明がされてきませんでした。

今でも、光州事件は北朝鮮や共産主義者による暴動だ
と主張する人々が多くいます。

どういう根拠や命令体系が、惨事を引き起こしたのか、
惨事を繰り返さないために、記録し、記憶する。

映画の中でも「伝えてくれ、忘れないでくれ」
というメッセージが切実に伝わってきます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. 日本でも公開されましか。日本での反応が気になりますね。

    それはさておき、

    「今でも、光州事件は北朝鮮や共産主義者による暴動だ
    と主張する人々が多くいます。」

    私が韓国人であることが恥ずかしいです。
    特に私が住んでるブサンは現在の「자한당」の「콘크리트 지지층(コンクリート支持層:자한당がどんな悪事を働いても支持する人をこう呼んでます)」が未だに多いんで、そんなでたらめな流言飛語を”積極的”に信じ込む人がごまんといます。

    はずかいいです。

    でも今の若者の間では変化が見られるようで、それが慰めって言いましょうか・・・

    ちなみに韓国では「事件」や「事態」じゃなくて「광주 민주화 항쟁(主化抗争)と呼んでます。
    そういえば日本語の「抗争」と韓国語の「항쟁(抗争)」も使い方が違いますね。^^
    韓国では暴力組織間の抗争を「항쟁」とは言わず、独裁とか虐政などに対抗するのを「항쟁」と言いますが、日本でもこういうのを「抗争」と言いますかね。

      • sokjon2016
      • 2017年 10月 12日

      カワトシさま
      コメントありがとうございます!
      『タクシー運転手』の日本での公開は来年5月頃と言われています。
      ヒットしますかねぇ、どうでしょう。

      私は、元夫が光州の人だったので、
      結婚していたころ、光州の人たちから当時の話を聞いたので、
      こういう映画を見ると、具体的な人々の顔が浮かんできます。

      歴史認識は、日本でも深刻な問題がありますので、
      「修正」や「歪曲」はつきものですが、

      そういう問題の渦中にある素材で映画を作り、
      しかも1200万を超す人々が見る、

      という事実が、すごいことだと思います。
      日本では無理じゃないかと。

      学生の頃、민주화항쟁をそのまま「抗争」と訳して、
      「日本じゃ抗争はヤクザの抗争でしか使わないよ」
      と笑われたことがあります。
      「事件」や「事態」だと、実感わかないんですけれどね。

      • 답변 감사합니다.

        역시 그렇죠?
        ‘항쟁’은 한국과 다르게 쓰이는 게 확실하다는 사실을 확인한 것만으로 큰 소득입니다.

        다만 한국사람에게 말할 때 ‘광주 사건’이나 ‘광주 사태’라고 하면 자한당 콘크리트 지지층으로 의심받을 수 있으니 주의할 필요는 있겠죠.

        어디 보자…
        그럼 혹시 ‘광주 민주화 투쟁’ 정도로 번역하는 건 일본어적인 감각으로 어떤지요?
        한국에선 광주 민주화 ‘운동’이라고도 부르는데 일본어적으론 이런 경우에도 ‘운동’을 쓰는 게 자연스러운지도 궁금하네요.

        아무튼 덕분에 좋은 공부가 됐습니다.

          • sokjon2016
          • 2017年 10月 12日

          カワトシさま
          そうですね、「光州民主化闘争」が最もよく見られる表現でしょうか。
          「運動」は「働きかけ」という意味ですから、民主化を求める学習や集会や呼びかけなどをイメージするので、1980年5月を指して「運動」とはいえませんよね。「運動に対しての武力制圧」ということはできると思いますが。
          出来事は一つなのに、それぞれの立場や思惑によって、表現や言葉の一つ一つが変わるというのが、難しいところですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る