『神と共に』噂に違わず、期待を裏切らない面白さ

loving-1207568_640

いつになったら日本に上陸するのか。韓国で『神と共に1』が封切られたのが2017年12月。心待ちにしている人たちも多いはずですが。

スポンサーリンク

『神と共に』

『神と共に―罪と罰』2017年12月公開
1

『神と共に―因と縁』2018年8月公開
2

監督:キム・ヨンファ
(「カンナさん、大成功です」の監督さんですね)
三人の死神
カンニム:ハ・ジョンウ
ヘウォンメク:チュ・ジフン
トクチュン:ム・ヒャンギ

『神と共に』1と2ともに大ヒット

映画みたのはかなり前で、感想を書こうと思いながら、
後回しにしてきました。

話題作なだけに、韓国での評価もいろいろあり、あれこれ読んでから、
と思っていたら、もう、きりがなくて。

それにしても、2作品とも観客動員数が1千万を超えるなんて、
すごいです。

『神と共に―罪と罰』14,410,721名 歴代2位
『神と共に―因と縁』12,235,883名 歴代12位

映画の出来としては、「因と縁」のほうが良かったというのが
全体的な評価ですが、観客数は「罪と罰」に及ばず。

そして「因と縁」は、お?さらに続編あり?という終わり方でした。
監督さんは『神と共に』その3もその4も作りたい、と言っているようですが、
どうでしょう。

スポンサーリンク

『神と共に』ざっくり感想(ネタバレなし)

『神と共に』1と2。
ひと言でいうと、
1はCGを楽しみ、2はストーリーを楽しみました。

1の「罪と罰」

1は、あの世のシステムの紹介、という感じで、
死後49日の間にうける7つの裁判

살인  나태  거짓  불의  배신  폭력  천륜
 殺人   怠惰     嘘     不義  裏切り    暴力   親子

それぞれのCG画面にいちいち「おお!」と驚く、という感じでした。

チャ・テヒョンが演じる死者・チャホンと一緒に
7つの裁判を回っていくわけですが、
親子の情で片づけてしまった展開に、ちょっとがっかり。

レビューをみると、それを批判している人が多かったです。

2の「因と縁」

2は、3人の死神の過去がメインです。
4

ヘウォンメクとトクチュンに、過去、どういう縁があったのか、
家の守り神になったマ・ドンソクが語ってくれます。
3

生前の記憶はおぞましいものなのか

死神たちの記憶が消されている、というのは、
ドラマ『トッケビ』でも、そういう設定でした。

そして、記憶を消されずに、持ち続けるというのが、
ある種の制裁である、というのも『トッケビ』と同じ。

死神が守るべき掟を破ったイ・ドンウクへの制裁が、
「過去の記憶をよみがえらせる」、というものでした。
6

まあ、死神というものが、
この世で、なんらかつらい人生を送った人が
あの世で、修行するための仕事、
という設定のようですね。

それにしても、死神ってイケメンばっかり。
私が初めてドラマで見た死神は
「私の期限は49日」のチョン・イルウ。
5

『神と共に2』のテーマ

3人の複雑な関係、途中で気がついてしまいますが、
それでも、泣けます。

「赦し」がテーマなんでしょうか。
見ごたえありました。

あの世を収める閻魔大王
7

イ・ジョンジェさん。
なにかのインタビューで、
友情出演と聞いていたのに、出番が妙に多くて騙された
なんて言っていましたが、本当に重要な役どころ。

『神と共に』また、改めてじっくり感想書きたいです、いつか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る