『ミスターサンシャイン』見終わっての感想(その2)

grapes-3550742_640

仕事に追われて、みたい映画もずいぶん見逃してしまいました。「2018 APAN STAR AWARDS(アジア太平洋スターアワード)」で、『ミスターサンシャイン』のイ・ビョンホンが大賞を受賞したというニュースを見たので、感想の続きを書いてみます。

スポンサーリンク

ドラマ終盤にかけての緊張感

『ミスターサンシャイン』は、主演5名の恋の物語ではありますが、
ドラマが終盤に入ると、ドラマのテーマである「義兵」がどんどんクローズアップされていきます。

第23話の最後の部分。
義兵たちの拠点が日本軍にバレてしまいます。
拠点を移動するための時間稼ぎをするために、「オトリ」を使います。

鍼灸師のおじいさんが元の拠点に一人残って、わざと捕まり、
7
日本軍をかく乱するために、嘘の情報を流します。
殺されてしまうことは、覚悟の上。

日本軍をおびき寄せるため、オトリのカゴを担ぐ義兵たち。
この人たちも、殺されてしまう覚悟。
4
この際、言いたかったことをいうのはどうだ。
우리 이참에 평생 못 해본 한 마디씩 하는 게 어때요.

死ぬ前に、言ってみたいこと。
5
「近こうよれ~!」
이리 오너라!

イリオノラ~!
時代劇などで、よく聞くセリフです。
王や貴族が、召使たちに「ちょっと来い」と呼ぶとき。

義兵たちの多くは、奴隷のような身分で、
「イリオノラ」と言われ、こき使われる人生だったわけです。

そうやってこき使ってきた身分社会の朝鮮を救うために、
命を懸ける義兵たち。
最後に「イリオノラ~!って言ってみたいよ」と言って笑う義兵たち。

[悪い]日本 VS [良い]朝鮮
という二項対立ではなく、

朝鮮の中でも、
民族を日本に売って保身に走る朝鮮人
使用人を鞭で叩き殺してしまう貴族
という、社会の矛盾を抱えていたことが、描かれていました。

スポンサーリンク

アウトサイダーの主人公

最終話の一つ手前の23話は、本当に泣かされました。
エシン(キム・テリ)を守るために3年間の刑務所暮らしをして、
さらにエシンを助けるために、朝鮮に戻ってきたユジン(イ・ビョンホン)。

感激の再会シーン。
6
당신은 당신의 조선을 구하시오, 나는 당신을 구하겠소.
이것은 나의 히스토리이자 러브스토리요.
あなたはあなたの朝鮮を救えばいい。私はあなたを救う。
それが私のヒストリーであり、ラブストーリーだから。

ユジンは、奴隷のような使用人身分出身で、両親をヤンバン(貴族)に殺され、
アメリカにわたって軍人になった。

だから、朝鮮が日本に侵略されてしまうといっても、
朝鮮に帰属意識もなければ、朝鮮への愛国意識もない。

愛した女性が大切に思っているものを、自分も大切にしたい、
というラブストーリーが、ヒストリーになっていくわけですね。

イケメン主人公たち。
8
ク・ドンメ(ユ・ユンソク)も、
朝鮮では被差別民の白丁で、日本に渡った人ですから、
ユジンと同じく、朝鮮に対する愛国意識はない。

キム・ヒソン(ピョン・ヨハン)は、金持ち両班ですが、
使用人を痛めつける家柄に反発しているので、やはり、
朝鮮を守りたいという熱烈な感情はない。

イケメン主人公たちが、
身分制度や古い価値観に対して、冷たく冷めた視点を持ったいるため、

[悪い]日本 VS [良い]朝鮮 にならず、
同じ民族同士だけで理解しあう愛国物語にならず、

普遍的なラブストーリーから、義兵と救国の物語に
無理なく広がっていったのだと思います。

「2018 APAN STAR AWARDS(アジア太平洋スターアワード)」で、
『ミスター・サンシャイン』は
大賞に、イ・ビョンホン
新人賞に、キム・テリ
女優演技賞に、キム・ミンジョン
今年のドラマ賞
4冠だったそうです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る