『ミスターサンシャイン』見終わっての感想(その1)

cherry-blossoms-3460426_640

『ミスターサンシャイン』の放送が先週おわって、ロス状態です。韓国での放送の翌日に、日本で見られるというすごい時代になりました。でも、ネットフリックスだと、テレビでの放送はないんでしょうか。そうだったらもったいないなあと。

スポンサーリンク

終わってみれば高い評価

『ミスターサンシャイン』が放送される前は、
イ・ビョンホンはスキャンダルがあったし、
20歳も年下のキム・テリの恋人役がつとまるのか?
という心配の声が上がり、

放送が始まった後には、
歴史的考証がなってない!
親日派を美化している!
という非難の声が上がり、

でも終わってみると、
主演も助演も演技が見事!
ストーリーも完璧!
という称賛の声が上がっています。

製作費400億!?とかいう話ですが、元も取れたことでしょう。

主人公は、義兵

最終回の一つ前の回で、とても目立つカメオが登場しました。
パク・ジョンミンさん!
イ・ビョンホンがニューヨークで出会った朝鮮人の役。
2
(写真はネットフリックスより)
안가 창호입니다
安家の昌浩です。

おーー!安昌浩。
有名な独立運動家です。

彼は、顔も名前も有名な「義兵」だったわけで、
名乗った後に、「私も義兵です」と言っています。

名前が残っている義兵は多くないけれど、
名前が残っていなくても、何百、何千の義兵たちがいた。

『ミスターサンシャイン』では、
顔も名前も残っていない「義兵」たちに光をあてました。

唐突に登場したマッケンジー

最終回24話に、登場した新聞記者。
フレデリック・アーサー・マッケンジー。
1

ものすごく唐突な感じがしたのですが、彼は義兵たちにインタビューし、写真を撮っていきました。
4

スポンサーリンク

教科書の「義兵たちの写真」

これが義兵の唯一の写真になる・・・といって、写真がセピア色に変わります。
5

この放送があった日、「義兵 写真」が検索語のトップになったとか。
どうやら、「韓国史」の教科書に義兵の写真が載っているらしく、
視聴者はそれを思い出して、確認したのだろうということでした。

教科書に載っているという写真がこちら。さすが、新聞やらユーチューブに出回っていました。
3

つまり、唐突にドラマにでてきたマッケンジーさんは、実在の人物だったわけですね。

名もなき義兵たち。

教科書の写真でみると、一人ひとりの顔は記憶に残らないけれど、
みんな、名前をもって、生活していた人々だったはず。

キム・テリ演じるコ・エシンのセリフに、

양복을 입고 얼굴을 가리면, 우린
얼굴도 이름도 없이 오직 의병이오.
背広を着て顔を隠せば、私たちはみな、
顔も名前もない、ただの義兵だ。

というのがありました。

日本軍から身を守るために、顔と名前を消し去った義兵たちが、
どんな人生を生き、どんな思いで戦ったのか。

義兵たちの、顔と名前を取り戻したドラマでした。

名前と顔と、そして生活と

『ミスターサンシャイン』の最終回は、1907年の、日韓保護条約。
(韓国では乙巳条約(을사조약)といいます)
日韓併合は1910年ですが、韓国が主権を失ったのは、この条約でした。

主権を失った時、多くの義兵も死んでいった・・・。
朝鮮の王、高宗に一人ずつ、名前を報告しています。
涙を流しながら、その名前を、記憶に刻むように。
6

志のバトンタッチ

『ミスターサンシャイン』の主人公たちの話は、1907年で終わりますが、
彼らが命がけで守った「希望」は、遠く満州で、独立軍に進化してしていました。

そして、ドラマのラストシーンは
1919年、京城、外国人墓地。
8

イ・ビョンホン演じたユジンの墓の前に立つ青年は、
1907年にユジンの小間使いだった。
12年たって、立派な独立運動の闘士になっていたんですね。
7
1919年といえば、三一独立運動の年。
独立宣言文を読み上げ、万歳を叫びながら行進する運動が朝鮮半島全域に広がりました。その後、日本軍による残虐な鎮圧があったわけですが。

ーーーーーーーーーーーーー

日本軍の悪者っぷりが、やはり見ているとつらいのですが、
日本軍の悪行を告発してやる~という意図は感じませんし、
何より、テーマは義兵であり、志を未来につないでいくという希望です。
日本でも評価されるといいのにな、と思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る