映画『いつか家族に』ハ・ジョンウの監督、二作目。肉まんが食べたくなる映画

street-food-1556617_640

映画『神と共に』『1987』、少し前には『お嬢さん』や『トンネル』など、俳優ハ・ジョンウが出ている作品は話題作、ヒット作ですね。そのハ・ジョンウが監督の『いつか家族に』を、新宿シネマートで見てきました。

スポンサーリンク

『いつか家族に』キャストとあらすじ

2015年1月韓国公開
原題:허감관(許三観/ホ・サムグァン))
1
監督:ハ・ジョンウ
ホ・サムグァン:ハ・ジョンウ
その妻:ハ・ジウォン
その長男:ナム・ダルム

あらすじ
1953年、朝鮮戦争が終わり、貧しい中、復興に忙しい韓国で、ホ・サムグァンは憧れのオンナンと結婚する。男の子3人に恵まれたが、その長男イルラクに「オンナンの前の恋人の子だった」という悲劇が。サムグァンは、結婚する時など「売血」でお金を作ってきた。売血はとうの昔に禁止されたが、まとまったお金を作るには血を売るしかなかった時代を背景に、父と子の愛情を描く。

予告編

ハ・ジョンウの監督としての腕前

ハ・ジョンウが監督した映画の1作目「ローラーコースター!」


予告編の最後に、「監督ハ・ジョンウ」がにこやかにしています。
が、これは、評判も良くなくて、興行的にも「失敗」と言われています。

そして2作目がこの『いつか家族に』。
1作目よりは好評でしたが、観客数は伸びず興行的にはやはり「失敗」。

ハ・ジョンウ・・・俳優業に専念したほうがいいんじゃないか、と思っていたら、
2013年の『ローラーコースター!』、2015年の『いつか家族に』の失敗の後は、
『暗殺』、『アガシ』、『トンネル』、『神と共に』、『1987』
出る作品、すべてがヒットしています。

スポンサーリンク

ハ・ジョンウ監督の威力

わき役がすごいんです。
まず、オンナン(ハ・ジウォン)のお父さん役に、イ・ギョンヨン
2
ポスターの正面に写っていますが、
1シーンだけ出てきて、直後には「遺影」になってしまうという・・・。

2017年に亡くなったキム・ヨンエさん
3
『いつか家族に』は韓国で2015年公開なので、彼女も出ています。

それからユン・ウネ
4
「コーヒープリンス」や「宮」のユン・ウネが、
ハ・ジウォンに比べて「見劣りする」と言われてしまうという。

ほかにも「あら、あの人が」という面々が出てきますが、ほとんど「友情出演」だそうです。

原作は中国の小説

原作は日本でも翻訳されています。
「血を売る男―許三観売血記―」

血を売る男 許三観売血記 [ 余華 ]

価格:2,592円
(2018/12/27 10:10時点)
感想(0件)

原作は、戦後の貧しさと文化大革命の混乱という「時代」を描写し、何より気の利いた風刺による社会批判が目玉だといいます(読んでいません)。
映画『いつか家族に』は、社会批判の要素は消えて、「父と子」にフォーカスした家族コメディになっています。

さらりと感想

血を売って食いつないだ時代、日を空けずに売血を繰り返し命を落とす人々。
売血のために人々が列をなす病院や、お金に群がる顔面蒼白な人々など、
『いつか家族に』でも、あまり語られない時代の姿が描かれています。

ただ、結婚資金とか、我が子がケガをさせてしまった子の治療費とか、
結局、血を売って解決するしかなく、血を売れば解決できてしまう。

我が子の難病についても、売血の上を行くけど、方法論は同じ。
しかも、そういう解決方法で、「めでたしめでたし」で終わってしまう。

そこになんらかの、作り手のメッセージのような、そういうものがありません。
原作では、批判や風刺があるそうですが、それを取り払ってしまったのが残念です。
もちろん、それは父と子にフォーカスするためで、
実際、その父と子の情は、泣かされたのですが。

フォーカスされた長男イルラクを演じるナム・ダルム
5
ドラマ「ピノキオ」、「六龍が飛ぶ」などで馴染みの彼。
いや~、子役でこんなに売れっ子だと、どんなイケメン俳優になるのか楽しみですね。

ちなみに、ホ・サムグァンの三人息子
イルラク(일락)、イラク(이락)、サムラク(삼락)といいます。
漢字で書くと、
一楽、二楽、三楽だそうな。安直だけど、いい名前!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る