濁るか、濁らないかーチンラーメン?ジンラーメン?

heart-2867205_640

ようやく一つ、仕事が終わりそうです。類書も多い「生活単語集」なのですが、この手の本で一番、頭が痛いのが「カタカナルビ」です。正直、ルビはつけたくないのですが、「カタカナルビがないと売れない」という事情があるそうで、毎回、カタカナルビで苦しむことになります。
カタカナルビの悩みはいくつかありますが、一番は「濁るか、濁らないか」の問題です。

スポンサーリンク

濁るか、濁らないか

数日前にアップした「辛ラーメン」の記事

ここにシナモンさんから質問をいただきました。

진라면はちんらーみょん?じんらーみょん??じるらーみょん???これもどっちでもいーんでしょうか?

確かに!韓国のラーメンは辛ラーメンだけじゃありませんものね(笑)。
1
辛ラーメンは、[실라면(シルラミョン)]か、[신나면(シンナミョン)]か、
子音ㄴ(n)とㄹ(l)の問題でした。

「チンラーメン」か「ジンラーメン」かの問題は、
平音の、ㄱ(k/g), ㄷ(t/d), ㅂ(p/b), ㅈ(ch/j)が
濁るか濁らないか、という問題です。

진라면は、chin-lamyonと読むか、jin-lamyonと読むのか

没になった「濁る・濁らない」原稿

ここのところ、かかりきりだった仕事が、「生活単語集」というものなのですが、
各章の最後の1ページずつ「コラム」があります。

実は、11個のコラムのうち、ひとつがまさに「濁るか濁らないか」だったのですが、
諸事情で、没になってしまいました。

もったいないので(笑)、大幅に加筆してこちらで紹介します。

没コラム:濁るか、濁らないか

日本語と韓国語では、音を区別する基準が異なります。
どういうことかというと、同じ音を聞いても、その音の聞こえ方が違うのです。

日本語の音の区別は、清音vs濁音

日本語では、タニとダニは意味が違います。清音・濁音で意味が変わります。
カ(蚊)とガ(蛾)も違うものです。

清音のタ、カに対して、ダ、ガを濁音といいます。
音声学的には、
清音のタ[ta]、カ[ka]の子音tkは、声帯の震えがない「無声音」、
濁音のダ[da]、ガ[ga]の子音dgは、声帯の震えがある「有声音」。

子音だけを発音するというのは難しいですが、tやkを発音しながら、のどを触ると、
震えがありませんが、
dやgを発音しながら、のどを触ると声帯が震えているのがわかります。

母音は有声音なので、「タta」「ダda」と発音すると両方とも声帯が震えます。
子音だけ発音する、というのは難しいですよね(苦笑)。

ようするに、
日本語は、無声音(タニ)か、有声音(ダニ)で意味の違いが生じます。
でも、韓国語は無清音と有声音の区別をしないので、
無声音の「タニ」も、有声音の「ダニ」も、다니です。

韓国語の音の区別は、平音vs激音

비[pi]は雨で、피phiは血。カタカナで書くとどちらも「ピ」としか書けません。
도끼[tokki]は斧で、토끼[thokki]はウサギ。どちらもカタカナでは「トッキ」です。

ㅂ[p]ㄷ[t]は平音で、ㅍ[ph]ㅌ[th]は激音です。
激音は、強い息の流れがある「有気音」、
平音は、強い息の流れはない「無気音」。

韓国語は、無気音비(雨)と有気音피(血)で意味の違いが生じます。
でも、日本語は無気音と有気音の区別をしないので、
無気音の비も、有気音の피も「ピ」としか書き表せません。

スポンサーリンク

有声音化という発音ルール

日本語は、無声音か有声音かで意味が変わるのですから、
濁るのか濁らないのか、気になって当然です。

ところが、無声音か有声音かで意味の違いが生じない韓国語では、
濁るか濁らないのか、一向に気になりません。

日本語母語話者は、韓国語を発音するとき、가구(家具)の発音が
グ」なのか「グ」なのか気になります。
しかし、清音・濁音で意味がかわらない韓国語にとっては、
가구は「カグ」でも「ガク」でもどちらでもいいのです。

ただ、音声学的には、가が「カ」と発音される場合と「ガ」と発音される場合の
条件がちゃんとあります。

無声音が有声音に挟まれるとき、無声音が有声音に同化する
というものです。

家具の가구[kagu(カグ)]ですが、
籐家具の등가구は、有声音のㅇとㅏに挟まれて、[tung-gagu(トゥンガグ)]になります。

韓国でのローマ字表記

韓国で、韓国語をローマ字表記するとき、
ㄱとㅋを区別するために、
(平音)をに、(激音)をにしています。

実際には、ㄱは[k]と発音されたり、[g]と発音されたりするのですが、
「カグ」も「ガグ」も意味は変わらないので、両方とも[g]にしてしまったのです。
そのかわり、ㅋをㄱと区別します。

さてチンラーメン

単独で発音するときには、
진라면 chin-namyon ンナミョン

前に有声音がくると、例えば、
이 진라면(このチンラーメン)を続けてよむと、이[i]有声音でㅈをはさみますから、
i-jin-namyon イ ンナミョン
と濁って聞こえます。

でも、韓国では、ㅈとㅊの区別が大事なので、ㅈは全部[j]にくくってしまうため、
진라면のカタカナ表記は、ンナミョンになっています。

清音と濁音の違いが気になる日本語母語話者にとっては、
「チンラーメン」って聞こえるのになーと、納得いかないんですよね(笑)。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • シナモン
    • 2019年 2月 01日

    こんなに明解に説明して貰えたの初めてで
    感動してます
    ありがとうございます^^*

    カタカナ表記に無理があるのはわかってても、ついつい点々あるかないかで判断しちゃいますね。
    その前に正しく発音出来るようになりたいです( ̄▽ ̄;)

      • sokjon2016
      • 2019年 2月 01日

      シナモンさま
      喜んでいただけたのが、あまりに嬉しくて、
      うかれた勢いで、「濁る濁らない」をアップしました。
      本当に、ありがとうございます!
      韓国語は、本当に発音が難しいですよね。
      ただ、昔と比べると、音楽でもユーチューブでも、
      「お手本」が身の回りにたくさんあるので、
      とてもよい環境だと思います。
      でも逆に、だからこそ疑問も増えるわけで、興味も尽きません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る