日韓関係が悪いというけれど、雑誌『文藝』韓国特集は増刷に増刷!

france-confectionery-83373_640

7月26日から夏休みにはいったのですが、8月1日に引っ越しをして、いまだバタバタしております。真夏の引っ越しは、しちゃいけないという教訓を得ました…。プロフィールにも書いたような気がしますが、25歳まで東京で暮らし、横浜生活を3年はさんで、静岡へ引っ越しました。静岡で22年すごし、横浜生活を2年半はさんで、ようやく東京に戻ってきた次第です。

スポンサーリンク

小説は読まない

自慢じゃないけど、小説は読みません。
ところが、車社会の静岡から横浜に引っ越したら、通勤時間が長くて小説を読むようになりました。
専門書は3行読むと眠ってしまうので…。

あれこれ読んだ結果、どうやら私は警察小説とかサスペンス系が好きらしい。
手に汗握るドキドキ系だと、2時間の通勤も苦になりません。
ただ、あんまりドキドキするので、最後のページを見て、

犯人を確認してから、または、
主人公が死なないことを確認してから
でないと、心臓が持ちません。

いわゆる文学作品には興味をもてず、
「82年生まれ、キム・ジヨン」があちこちで話題に上っても、
なかなか読もうとは思わない。

映画化されてコン・ユが出演するそうなので、
映画が面白かったら、原作よんでみよっかなー、程度でした。

韓国小説がいろいろ話題に

それでも、2016年に、韓国の作家ハン・ガンが
イギリスの文学賞、ブッカー賞を受賞した、とか、

2018年の日本翻訳大賞を、
『殺人者の記憶法』(キム・ヨンハ/吉川凪訳)が受賞した、とか、

あ~、韓国の小説もちゃんと読んで、
韓国語の授業でも学生たちに勧めたり、しなくちゃな~
という、プレッシャー?を勝手に感じていました。

スポンサーリンク

雑誌『文藝』2019年秋号

そんなところで、
雑誌『文藝』が「韓国・フェミニズム・日本」という特集を組んで、
出版不況、特に雑誌の不振が言われる中、
86年ぶり3刷!!!
というのがあちこちでニュースになっています。

4

「82年生まれ、キム・ジヨン」を書いたチョ・ナムジュや、
ブッカー賞を受賞したハン・ガン、
シンガーソングライターでエッセイストのイ・ラン
などの短編が収録されているといいます。

長編は無理でも、とりあえずどんな作風かを知るにはとてもいい。
面白かったら、その作家の長編を読んでみればいいわけです。

さらに、
わかる! 極める! 韓国文学一夜漬けキーワード集
というオマケもついていて、
どこかで「韓国文学」が話題になっても、話についていける(笑)。

アマゾンや楽天で在庫なし、と表示されていたので、
あわてて、河出書房に注文しました。

日韓関係が悪いというけれど

ここのところ、政府レベルで日韓関係がよくありません。

新聞みると、毎日悲しくなります。でも、
「韓国で反日デモ」という報道の写真をみると、
韓国の人たちが持っているプラカードには、
NO! 아베
と書いてあります。「NO!アベ」です。
反日じゃなくて、反アベなんですよね。

韓国の人たちは、日本を否定しているわけじゃない。
関係が悪化しているのは、政治家たちだけであって、
日本でも韓国でも、お互いの文化まで否定することはない。

だからこそ、韓国特集の『文藝』がこんなに売れているということが、
もっともっとニュースになってほしいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る