『The K2』第16話(最終回)悪者たちの末路

pots-1680026_640

誰が生き残って、誰が死んでしまうのか、悪者たちはどう処理されるのか。

スポンサーリンク

現在の状況

イラクの油田開発汚職に関する証拠USBは、チャン・セジュンの手にあり、
パク・グァンスは、USBを取り返すためアンナを誘拐、
アンナとUSBの取引場所であるクラウドナインには、
チェ・ユジンとチェ会長と、時限爆弾がある。

人質として連れてこられたアンナは、JSSの警護員たちによって救出されたが、救出してくれたJSSの武闘師範が、母親オム・ヘリンを殺した人だったことを思い出し、師範から離れて一人で逃亡。つまりまだパク・グァンス側の手下に追われている。

ジェハは、アンナを助けに向かった先で、
チェ会長が持ち込んだ爆弾は、チェ会長ですら停止不可能なこと
を聞かされ、茫然。
1hira1

最後の駆け引き

血まみれでJSS本部に到着したジェハは、パク・グァンスの手下に襲われそうなアンナを救いだしたが、倒れて医務室に搬送される。
1hira4

クラウドナインに到着したチャン・セジュンとユジンの会話。
1hira2
セジュン:君に証拠USBを渡すことはできない、
大統領になろうとしたのは、君をつぶすためだったんだから

ユジン:私はオム・ヘリンを殺していない。
セジュン:なぜ今それを?なぜ嘘をついていた?

ユジン:あなたが私から離れるのが怖かったから。
私の選択が間違っていたことを認めるのが怖かったから。

1hira3

セジュン:賢いふりして、本当はバカだな。
ユジン:そうね。自分の幸せを他人に証明する必要なんてなかったのに。
こんな生き方、したくなかったのに。ごめんなさい

ユジンが自分に謝ったことに驚くセジュン。

そこにユジンの秘書からアンナ確保の知らせがはいり、
パク・グァンスにUSBが渡る心配がなくなったので、
ユジンは、汚職チームの面々に、攻撃をやめるよう要請する。
政財界の悪い人たち。
1hira6

ユジンの秘書がアンナをつれてクラウドナインに到着したが、
チェ会長は秘書の足をうち、アンナをつかまえる。


チェ会長:내가 총이 있을 줄 몰랐어?
俺が銃を持ってるとは思わなかっただろ?

ユジン:응, 그런 물건은 아랫것들이나 쓰는 걸로 생각했지.
そういうのは下々の者が使うものだからね。

チェ会長:맞아. 내가 원래 출신이 천하잖아.
자, 두분 서 계지시 마시고 앉으시죠. 매형은 메모리카드 내좋으시고.
俺は出身が卑しいからな。
二人とも、立っていないで座って。義兄さんはUSBを出して。

ユジン:안돼! 거울아, 엘레베이・・・끊어
だめ!鏡(人工知能)、エレベーターを・・・とめて。

治療をうけていたジェハが目覚め、爆弾がチェ会長にも止められないことを伝え、
1in2

だまされたとしったチェ会長は慌てるが、パク・グァンスの力で、JSS本部の電源がすべて切られてしまう。

母親オム・ヘリン殺害の真相

セジュンはアンナに撃たれた部分からの出血を抑えるよう頼むが、
「仇」の間柄にもかかわらず、アンナが傷口をおさえてくれる。
ユジンがアンナにオム・ヘリン殺害の真実を話す。

ユジン:わたしにも父親がいたのよ。ヘリンの存在をしって、父が殺害を指示した。

ユジン:아빠가 그런 짓을 시켰다는 걸 알고 쫓아갔지만 이미 늦었더라. 그리고 난 송사범님이 문뒤에서 어린 너를 붙잡고 있아는 걸 알고 있었어.
하지만 차마 돌아몰수 없더라, 니 얼굴을 보게 될까봐.
父が指示したとしって後を追いかけたけど、遅かった。
そして、私はソン師範とあなたがドアの後ろにいることを知っていた。
でもあなたの顔を見るのがこわかった。

그리고 난 돌아서 나오는데 그래, 니 엄마가 살려달라고 하더라.
잠시 아주 잠시 119에 전화할까 망설였지. 하지만 할 수 없었어. 그리고 차갑게 돌아섰어. 어쩌면 살릴 수도 있었는데.
出て行こうとした私に、ヘリンが助けてくれと。
少しだけ、119に電話しようかと思ったけどできなくて、立ち去ったの。
もしかしたら助けられたかもしれないのに。

난 니 엄마를 죽인 게 맞아. 그리고 그 후로 나도 우리 아빠처럼 살았어.아니 그보다 더 악하게.
니 엄마가 죽은 날 내 안에 들어온 악마의 속삭임대로.
그래 이제 그 논 놓아. 난 니 엄마 죽인 원수야.
私がヘリンを殺したのよ。そしてその後、私は父のように生きてきた。いえ、父よりもっと悪辣に。
ヘリンを殺したその日、私の中に入ってきた悪魔のささやきに従ってきた。
だから、その手を放して。私はあなたの母親を殺した仇だから。

スポンサーリンク

アンナたちの救出

爆弾爆発まで10分ちょっと。
電源をきられたので、エレベーターがつかえない。
現在、エレベーターの箱はクラウドナインのある地下におりている。
ジェハは自力で地下へおり、仲間にエレベーターを引っ張り上げてもらうことに。
1in3
(めちゃめちゃ既視感ありますね。ヒーラーのヨンシン救出場面)

しかし、チェ会長は助けに来たジェハの足を銃で撃ち、自分だけ引き上げてもらう。爆弾の残り時間がすくないからと一人逃亡。

ユジンに、はやくエレベーターに乗るように言うが
1in4
ユジン:帰る場所もないし、もう疲れたわ。

ユジンは、秘書とセジュンとアンナを連れて逃げるようにと。
ジェハは、
電源が切れているからエレベーターは上に上がれないけれど、
ロープを切って、下に下がれば爆発の衝撃から守られると思う、と。

エレベーターの箱の中に避難した4人。
しかしセジュンがエレベーターから出て行った。
3
セジュン:爆発力を弱めてくる。
アンナや、これまで父なしで頑張ってきたじゃないか。お父さんのような人間は必要ない。ジェハ、アンナを頼んだ。

3busaku2

セジュンは爆弾をクラウドナインの中にいれて、爆発力を弱めようという。


セジュン:あの世に一緒にいこう。
ユジン:仲のいい夫婦みたいね。

ジェハの仲間たちがエレベーターのロープを銃できり、
エレベーターは落下、そして爆発。

悪者たちの最後

ジェハは、インターポールに呼ばれ、
民間人虐殺の罪の汚名をはらし、
3busaku3

アンナはセジュンとユジンの遺産を相続した。
闇の悪い人たちは、莫大な遺産を相続すれば、我々と手を組むだろう、
そのうち連絡がくるさ、と高をくくっていたが。


パク・グァンスは自ら首をくくることになり、
チェ会長はユジンの秘書によって殺された。

ジェハとアンナは、証拠USBをPCにセットして、エンターキーを押す瞬間。
JBグループも関わっているので、アンナもすべての財産を失うことになる。


ジェハ:이거 누르면 어떻게 되는지 알아? 우리나라 정재계가 모두 한통속이라는 걸・・・
これを押すと、政財界の癒着疑惑が・・・

言い終わらないうちにアンナがエンターキーをおして、クマールゲートが暴露された。

そしてインターポールの汚名を晴らしたので海外出国もできるようになったジェハと、アンナのスペインでのツーショット。
beer-1605826_640
ジェハ:안나야, 근데 아쉽지 않아? 엄마의 명예를 잃어서.
アンナや、残念じゃない?お母さんの名誉が回復できなくて。

アンナ:아니, 대신 아빠를 얻었잖아.
제하야, 사랑해.
ううん、かわりにお父さんを手に入れたから。
ジェハ、愛してる。

ジェハ:알아.
わかってる。

アンナ:아, 김제하, 근데 너 본명이 뭐야?
ねえ、あなたの本名は?

ジェハ:나? 사실 내 이름은・・・
俺の本当の名前は・・・

最終回おわり。

メイキング画像
blackbird-163503_640

blossom-1684259_640

bokeh-1546099_640

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
終わりました~。
チ・チャンウクは格好よかったけれど、
硬派は政治ドラマも好みではあるけれど、
基本的に、人がばたばた死んでいくというのが・・・。

教材で使った「君の声が聞こえる」「ピノキオ」で、
どんなに相手が悪くても、殺してしまった瞬間、
被害者ではなく加害者になってしまうのよ。
と言っていましたから。

だから、ユジンの背景がどんなに同情すべきものであっても、
ユジンは多くの人を殺してきたから、生き残れなかったのでしょう。

結局、チェ・ユジンの印象が強く残りました。
ソン・ユナさんの表情の演技が、達者でしたね。

全16回。お付き合いくださり、ありがとうございました!

これまでのお話

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • maki
    • 2016年 11月 13日

    翻訳ありがとうございます。いつも楽しみに見ております!

    THE K2。チャンウクはかっこいいし!ユナはかわいいし!何と言っても私もソン・ユナの演技に引き込まれました〜(直前に見ていた「ホテリアー」と同じ人とは思いませんでした^_^;存在感のある女優さんになりましたね〜)
    でも派手なアクションが多すぎて、チャンウクはあまりにも不死身過ぎて、いまひとつヒーラーの時のようにドキドキできず遠い存在のドラマでした。(ま、言葉がわからないから、話の半分も理解していないからなんでしょうけど;^_^A)
    最終回のラブラブぶりも、取って付けた感じで、、、。
    撮影の順番だからしかたないんだろうけど、チャンウクの前髪の長さも眉毛が見えたり見えなかったりマチマチですごく気になっちゃって、、、。

    今日からまたヒーラー廃人に戻りまーす(^O^)/

      • sokjon2016
      • 2016年 11月 13日

      makiさま
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね~。ヒーラーに惚れてK2みると、いまひとつ入り込めないんですよね。
      ヒーラーは、ヨンシンによってジョンフの心が変わっていく様子が丁寧に描かれていましたが、
      K2は、アンナの役割はそれほど大きくなくて、
      むしろK2によってユジンの心が変わっていく方が物語の中心だったように思います。

      物語の背景を大統領選にするなら、それぞれの候補の政治的主張・公約のようなものもをいれれば、
      見ごたえもあったでしょうに、「大統領選」を背景にするべきキーワードが見えてきませんでした。
      「ヒーラー」では、民主化運動を背景に次世代との連帯というキーワードがあり、
      「君の声が聞こえる」では、法廷を背景に復讐と赦しというキーワードがあり、
      「ピノキオ」では、報道局を背景にファクトとインパクトというキーワードがありました。

      よい俳優さんたちがそろっていたので、期待が大きすぎたのかもしれません。
      私も、ヒーラー廃人に戻ります♡

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る