映画『釜山行き』(邦題:新感染 ファイナル・エクスプレス)ネタバレなしの感想

roses-279217_640

2017年9月1日、日本公開。もうすぐですね。ゾンビ映画が、なぜ大人気なのか気になっていたので、一足先に見てみました。

スポンサーリンク

キャスト

1hira6
上映館などの確認は映画HPで。

監督:ヨン・サンホ
(もともとアニメーションの監督さんらしいので、ほかの作品も見てみたいです)
コン・ユ:ソグ(ファンドマネージャー)
キム・スアン:スアン(ソグの娘)
チョン・ユミ:ソンギョン(妊婦)
マ・ドンソク:サンファ(ソンギョンの夫)
チェ・ウシク:ヨングク(野球部の高校生)

予告編

あらすじと感想

ファンドマネージャーのソグは妻と別居中で、
ソグの母親と娘と3人暮らし。
娘のスアンは、父親が仕事中心なのがさびしくて、
誕生日に母親のいる釜山に行きたいと言う。

仕事の都合をつけて、ソグはスアンと釜山行の電車に。
車中でもソグは電話で仕事をし、電話を切ると睡眠。

発車直前にゾンビ感染者が乗り込んできたために、
車内が次々ゾンビ化し、パニックに!
3

中心人物のキャラ

ゾンビ映画なんて、まるっきり興味ないし、見たくないジャンルです。
でも、コンユだし、ヒット作だし、それほどグロくないらしいし。
ということで見てみました。

確かに、ゾンビは目を背けるほどではありません。
が、大挙して襲ってくるのは迫力。数の力ですね。

ヒットの理由が、コンユも言っていたように
ヒューマンドラマ
だから、というのが良くわかりまた。

主人公は、家庭を顧みない仕事人間で、
ほかに、
成功者のエゴを象徴する勝ち組エリート、
青春を象徴する野球部員とマネージャー、
命を象徴する妊婦とその夫、
葛藤しながら職務を全うする鉄道運転手、
などなど。

ああ、いるよね~という感じのラインナップでした。

大量のゾンビ。
3busaku2

スポンサーリンク

社会風刺

ゾンビの襲撃は、電車内だけでなくあちこちで発生していて、
そのニュースが社内にも流れます。
各地で衝突、政府は速やかに鎮圧中
のような内容・・・。

情報把握の失敗、初動の遅れなど、
MERS(マーズ)や、セウォル号の時の
政府の対応を思い出させます。

さらに、日本の東北震災での原発「アンダーコントロール」を思い出し、
災害時の政府の失策、
という共通項をもつために共感できるという、
悲しい現実に苦笑しました。

それから、電車には高校野球部の集団が乗っていました。
ゾンビの襲撃から逃れた学生が、
自分しか助からなかった
自分だけ助かって申し訳ない
というようなセリフがあったと思うのですが、
高校生が言うと、やはりセウォル号の悲劇を忘れない、
ということなのでしょうね。
1in4

自己犠牲

冒頭、印象的なセリフがあります。
ホームレスが一人、電車に紛れ込んでいたのですが、
それを見た大企業エリートとそばにいたスアンの会話。

ちゃんと勉強しないと、あんななっちゃうんだよ
そういう風に言う人は悪い人だってママが言っていた

大企業エリートはキム・ウィソンさんが演じます。
1in2
字幕:キム・ウィソン、大企業常務ヨンソク役
人間の利己的な本心 スクリーンに披露。

ゾンビからの避難中、お年よりに座席を譲ったスアンに、
父親ソグが言ったセリフ。

そんなことしなくていいんだ。
自分が助かることだけを考えろ。

自己中心的な大人たちが、極限状態の中で、変わっていきます。
より本心をむき出しにしたり、
自分を犠牲にして他人を守ったり。
1in3

確かに、ヒューマンストーリーでした。

私は、結末を知ってからでないと、安心して見ていられないのですが、
これは、さすがに知らないで見た方が楽しめると思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • NICO
    • 2017年 8月 05日

    こんにちは(´∀`)

    この映画、私はまだ観ていないのですが、観るとしたらやはり、キム・ウィソンさんが楽しみかな~と思っています(´艸`)
    『六龍が飛ぶ』の役もよかったですけど、先日『W-君と僕の世界-』を観て、ウィソンさんがものすごくよかったんですよね~
    ドラマ自体も面白かったですけど、ウィソンさんの演技がさらにドラマを盛り上げていた気がします。
    ゾンビ映画…私もあまりお好みではないですけども、機会があれば観たいと思っています~
    日本では邦題も話題になったことですしね(´艸`)

    ところで、もうご覧になっているかもしれませんが、GyaO!で『魔女の恋愛』始まりましたね♪
    もしまだご覧になっておられないようでしたら、1・2話は8日(火)までですので~
    是非!ご覧になってみて下さいね(´∀`)

      • sokjon2016
      • 2017年 8月 06日

      NICOさま
      コメントありがとうございます。
      キム・ウィソンさんが楽しみとは、玄人っぽいですね(笑)。
      この人も、オ・ダルス並みにあちこち出ていますね。

      「魔女の恋愛」、ものすごく迷っていたところです。
      このタイミングで「魔女の恋愛」って、
      「キルミーヒールミー」でパク・ソジュンに惚れた人を狙っていますよね。
      まさに、私です。
      ただ、「ヒーラー」と同じ時期に放送されて視聴率1位を奪った「パンチ」も配信が始まったので、
      どっちにしようか、悩んでいます。
      NICOさんに背中を押され(笑)、両方見てみます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る