静岡・せかい演劇祭2019『メディアともう一人のわたし』、ギリシャ悲劇を韓国歌舞劇に

new-years-eve-3882231_640

2年前に横浜に居を移しましたが、それ以前は静岡に住んでいました。静岡には「静岡県舞台芸術センター(SPAC)」という県立の劇団があります。県が管轄する芸術?という疑問もありますが、公立であるからこそ上演可能な作品も多く、遠方からわざわざ足を運ぶお客さんもいるようです。

スポンサーリンク

のがしたチャンス

静岡には22年も住んでいたので、それなりに人脈もできました。
先日、この『メディアともう一人のわたし』について、
字幕翻訳に協力してくれないか
という依頼のメールが来ました。

通常であれば、とびつくお仕事です。
もともとお芝居を見るのが好きですから、
趣味の領域で仕事ができるなんて。

舞台の字幕は、文字数制限がかなり厳しいでしょうから、
原稿をメールで受け取って、
納品もメールで済ます、
というわけにはいかないでしょう。
遠距離では、難しいだろう。

それよりなにより、現状とても新規の仕事を受けられる状態ではありません。
涙ながらに、お断りの返事を書きました。

スポンサーリンク

メディアともう一人のわたし

静岡を離れてから、「静岡県舞台芸術センター(SPAC)」とも遠ざかり
今、何を上演しているのか、HPを見ることもなくなりました。

でも、「メディアの韓国バージョン」ということで、興味津々。
わざわざ新幹線乗って見に行ってみようと、チケットとりました!

SPAC『メディアともう一人のわたし』公式HP
http://festival-shizuoka.jp/program/medea-and-its-double/

ギリシャ悲劇の『女王メディア』は、こんなお話です。

コルキスの王女メディアは、夫イアソンと二人の子どもと暮らしています。
リントス王クレオンがイアソンに、自分の娘と結婚しないかと持ち掛けます。
なんと、イアソンは妻子を捨てて、クレオンの元へ。
メディアは、イアソンに復讐します。
クレオン父娘を毒殺し、我が子まで手にかけ、嘆くイアソンを尻目に去っていく。

おお、裏切りと復讐
最近は、このテーマのドラマは減っていますが、
それでも、韓国ドラマが得意とするテーマには違いません。

韓国版のメディア、楽しみです。
1
公演日時
4/27(土)15:30、
4/28(日)15:30、
4/29(月・祝)16:30

会場
舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

上演時間 80分
上演言語/韓国語上演/日本語字幕
翻案・演出/イム・ヒョンテク

チケット
一般:4100円
ペア割引:3600円

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る