『六龍が飛ぶ』タイトルでみる韓国語の発音、「龍」は용か?룡か?

lizard-22258_640

『六龍が飛ぶ』キャンペーンのようになっていますが(笑)、
日本上陸のお知らせと、
タイトルの由来について、
に引き続き、今度はタイトルの発音のお話です。

第1話のあらすじはこちら
第2話のあらすじはこちらこちら



ドラゴンは용

タイトルの「六龍」は육룡と書きます。
でも、「龍」単独だと、(ヨン)と書きます。
辰年は용띠(ヨンッティ)といいますし、
yongtti
photo:사주닷컴

「竜」が出てくる有名なことわざもあります。
개천에서 용이 난다
どぶから竜が出る(トンビが鷹を生む)

単独だとなのに、「六龍」のときは、なぜになるのでしょう。

子音は同じですが(ㅇかㄹ)、母音がちょっと違う例として、
「量」(양か량)を例にしてみます。

発音の決まりは、「ハングル正書法(한글 맞춤법)」を見るべきですが、
これは説明が長いので、
中央日報語文研究所の解説をご紹介します。

正しい韓国語「-량(量)’과 ‘양(量)」

多くの人が「数えたり測ったりできる分量、または数量」を表す漢字「量」の表記について、正しく理解していないようだ。

「量」を単独で書いたり、単語の最初に来る場合
「頭音法則」が適用されて「양」と書くということは、大部分の人が知っている。
*頭音法則:ㄹやㄴが語頭にくるとき、特に漢字語では脱落する。

이 많다(量が多い), (量産), 판점(量販店) など。

では、語のうしろに来る場合はどうだろうか?「-량」となるものが多い。
가사(家事量), 감소(減少量), 노동(労働量), 작업(作業量)など。

このように、「量」が漢字語の次につくときには、
一般的に全体で1語と認識されるので、
「頭音法則」は適用されず、もともとの漢字音のまま「-량」と書く。

しかし、固有語や外来語の場合は「-양」になる。
구름(雲の量), 벡터(vector量), 허파숨(肺呼吸量)

*허파は肺の非漢字語、숨は、息の非漢字語です。
漢字語にすると、폐 호흡량となります。

固有語や外来語のうしろにくる場合は、「-量」が別箇の単語(全体で2語)として認識されるので、「頭音法則」が適用され「-양」と書く。

「六龍」は육룡、「六の竜」だと여섯용

「龍」の場合でみると、「六龍」は漢字語なので、全体で1語とみなされて육룡
六を固有語の여섯にすると、2語とみなされて여섯용となります。

「黒龍」だと、「黒い龍」だと검은

四字熟語でも、「龍/竜」が語中に来る場合は、
画竜点睛(がりょうてんせい) 점청
意味:最後に大事な一点を加えること

「龍/竜」が語頭に来る場合は、
竜驤虎視(りょうじょうこし) 양호시
意味:竜が躍り上がり、虎が睨みを利かせる。非常に勢いがあり、世間を威圧する力を備えているさま

「六龍(육룡)」の読み方

鼻音化しますので、[융뇽]と読みます。ユンニョンです。
実際の発音を確認してみましょう。
前回の動画の、35秒の部分、または1分40秒の部分で確認してみてください。

ちなみに、「黒龍」흑룡[흥뇽]フンニョン
「画竜点睛」の화룡점청は、鼻音化しないので、そのまま、ファリョンジョンチョンです。

龍といえば「君の声が聞こえる」のヘソン

最後に、蛇足ですが、龍/竜に関することわざ、

개천에서 용이 난다
どぶから竜が出る(トンビが鷹を生む)

に関連して、ヘソンのこのセリフを思い出します。
2分34秒の部分です。

ヘソン
엄마 맨날 그놈의 용타령
お母さん、いつもくだらない竜打令

*「打令」は、口癖、決まり文句、愚痴、という意味があります。
「お母さん、いつも龍になれって(出世しろって)口うるさかった」くらいの意味でしょう。
語頭に龍/竜がきているので、ですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る