『相続者たち』イ・ミンホのバックハグ~きっと会いたくなるよ

dreamcatcher-1030769_640

『相続者たち』は、名前の読み方についてと、
かわいいね」と言われた時の返事の仕方について、取り上げましたが、
やはり、「バックハグ」の名場面ははずせませんね。

スポンサーリンク

バックハグ+耳元のささやき

腕をつかまれ、バックハグというだけでも、きゅんきゅんものですが、
耳元で「俺を信じて待ってろ」的なセリフまで。
3分30秒から


ウンサン
너 대체 내가 하는 말
いったい私の言っていること聞いてるの?

タン
조금만 기다려.
待ってろ

이세상 모든 문턱을 넘을 수 있게 해줄게.
この世のすべての敷居を越えさせてやる

지금 방법을 생각 중이야.
今、方法を考えている

캠프 잘 다녀와. 보고 싶을 거야.
キャンプ、気を付けて、会いたくなるよ、きっと。

本当は敷居

キム・タンのセリフ

タン
이세상 모든 문턱을 넘을 수 있게 해줄게.
この世のすべてのを越えさせてやる

と言っていますが、
「壁」に相当する単語は、문턱です。
本来的には「敷居」です。

「でっぱり」とか「段差」という意味で、
「門、ドア」ですので、
入口のでっぱり、つまり「敷居」ということです。

턱の意味いろいろ

はたくさん意味があります。
よく使うところでは、顔の部分、「あご」
日本語と同じように、驚いたり、笑いすぎたときに、
「顎が外れる」という表現をします。

턱이 빠지다 (トギ パジダ) 顎が外れる

너무 웃겨서 턱이 빠길 것 같다
あんまりおかしくて、顎が外れそう。

もう一つ、には「おごり」「もてなし」の意味があります。

한턱을 내다 (ハントグル ネダ) いっぱい奢る

합격했으니까 한턱 내야지.
合格したんだから、一杯おごらなきゃ。

この例文で、おごるのは、合格した人です。
ちなみに、日本では、よいことがあった人に周りが祝ってあげますが、
韓国では、よいことがあった人が周りにご馳走します


恋人の仲を阻む壁

この場面、日本語訳は「壁」になっていますが、
「敷居」とすべきだなと思う理由があります。

ウンサンがキム・タンの部屋に入るかどうか、ためらって、
ついに、部屋に入るまで、かなり時間がかかります。

廊下と部屋の間の床に、目立つように白い線があるんですよね。
その線を越えて、部屋に入る場面が、かなり丁寧に描かれています。
sikii

一般的には、「障壁」という言葉があるくらいですから、
仲を阻むものは「壁」というほうが、わかりやすいですよね。

「ガチョウの夢」でも、「壁」でした。
冷たく立ちはだかる運命という壁の前に
저 차갑게 서있는 운명이란 벽앞에

敷居を超えた後の会話

動画全部は長いので、この会話が始まる前の部分を見てみましょう。
3分4秒あたりから

タン
잠깐만 1분만. 너 내방 처음 왔잖아
少しだけ、一分でいい。始めてきただろ。

ウンサン
난 여기 오면 안 돼.
来てはいけない場所よ

네가 사는 집과 내가 사는 방은 다른 세계야.
私の部屋とは世界が違う

세상에는 내가 넘을 수 없는 문턱들이 있어
私には絶対越えられない敷居があるのよ

이 방은 그런 문턱이야.
この部屋はそういう敷居なの

バックハグを韓国語で

最後に、「バックハグ」を韓国語でなんというか。
そのまま英語で「バックハグ」なのですが、

백허그

と書きます。カタカナルビを振るとしたら「ペッホグ」ですね。

同じback hugという単語を
日本語の耳には、バックハグと聞こえ、
韓国語の耳には、백허그と聞こえるのでしょう。

back

ちなみに、「バックハグして」と言いたいときは、

뒤에서 날 끌어 안아줘
後ろから私を抱きしめて

という表現を使うようです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る